不整脈・狭心症・心筋梗塞・心不全

03-5845-8711

東京都足立区足立1-12-12

五反野駅から徒歩8分

北千住駅からバスで10分

駐車場24台有り

不整脈・狭心症・心筋梗塞・心不全

不整脈

呼吸器内科

脈が整わない状態が不整脈です。具体的には、脈が多い、少ない、心拍リズムが不規則なことを言います。なお心臓は1日に10万回ほど拍動していますが、健康な状態であっても稀に規則正しくない電気信号により不規則な動きをすることもあります。

不整脈は、冠動脈疾患、心臓弁障害、心不全、先天性心疾患などが原因で発生することもあり、これらの疾患は心臓に起因する病気が多いです。ただ心臓の病気と関係がなくても、甲状腺異常や肺に病気がある場合、老化や体質的なもの、ストレスや睡眠不足、あるいは疲労といったことでも不整脈は起こりやすくなります。

不整脈の多くは心配のない一時的なものですが、なかには詳細な診断や適切な治療が必要な場合もあります。不整脈を指摘された方や気になるという方は、お気軽にご受診ください。

狭心症

狭心症とは、心臓が活動するために必要とされる血液が十分に届かないことで起こる疾患のことを言います。これは、動脈硬化が原因となることが多いことから、生活習慣病の発症をきっかけに起きるケースもあります。とくに治療もせずにそのままの状態にしていると、心筋梗塞を引き起こすなどして命に関わる事態になる可能性もあります。坂道や階段を登った時に胸が苦しくなる、あるいは胸痛がある、さらに肩や顎に痛みを感じるという場合も速やかに当診療科をご受診ください。

心筋梗塞

心筋梗塞とは、狭心症が進行して、心臓に血液を供給するための血管である冠動脈が狭くなったところに、血液の塊(血栓)が詰まって血管を塞ぐようになっている状態で、血液(血液中の酸素)が供給されなくなった部位が損傷を受けることで発症します。なお血管が詰まる原因は狭心症と同じく、生活習慣病による動脈硬化がきっかけとなることが多いです。

主な症状には、突然起こる胸や背中の痛み、冷や汗、吐き気、息苦しさなどが挙げられます。進行すると意識消失をきたすことがあります。すみやかな受診が必要で、特に症状が強い場合は救急で循環器科のある病院を受診すべき状態です。

心不全

心不全とは、心臓(心筋)の収縮、あるいは弛緩機能が低下することで、全身の組織に十分な血液を送り出せなくなっている状態を言います。なお心不全が起きる原因としては、心筋梗塞、不整脈、弁膜症、高血圧などが考えられます。

発症し始めの頃は、血液を送り出す能力に低下が現れる症状として、疲れやすい、だるい、動悸がする、というようなことがあります。このほか鬱血による症状もあり、これが肺に生じると、息切れや息苦しさが起き、体の各部分に生じると、むくみがみられます。さらに肝臓や胃腸にも鬱血が起こり腫れるようになると、お腹が張る、吐き気・嘔吐、食欲が落ちるなどの症状も出るようになります。当院では、降圧薬や利尿薬などを用いた内科的治療を行うことができます。

足立慶友内科クリニック

院長
続 敬之(つづき けいし)
診療科目
内科、呼吸器内科、アレルギー科
住所
東京都足立区足立1-12-12
アクセス
・電車
東武伊勢崎線(スカイツリーライン) 五反野駅から徒歩8分 ・バス ●都バス 千住車庫前バス停より徒歩2分
北47(北千住駅前~竹ノ塚駅前・足立清掃工場前)
草43(浅草雷門~足立区役所)
王49(王子駅前~千住車庫前)
●東武バス 高砂町バス停より徒歩1分
北11、12 (北千住駅~六町駅・花畑車庫)
電話番号
03-5845-8711
診療時間 日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

休診日:日曜・祝日